手洗いできるようになったけど… 【その3】

生活4歳, Amazon, おやつ, ポケモン, 成長, 手洗い・うがい, 買物

手洗いについてのその後です。

過去に「手洗いできるようになったけど… 【その1】」と「手洗い&うがいができるようになったけど… 【その2】」の記事でその頃の状況に触れています。

現在は外出からの帰宅時には概ねスムーズに手洗いはできるようになりました。
ただハンドソープをつけてすぐに流そうとしてしまうので,ゴシゴシしてから流すことを教えていますが,なかなか身に付いてくれません。保育園から帰宅時はアイスやお菓子を持っていることが多いので,気が逸っているいるからかもしれません。

因みに,なぜ帰宅時にアイスやお菓子を持っているかというと,以前にも「メダルざくざく4,000枚!— 寄り道がクセになる」で書きましたが,帰宅して車を降りるとセブン-イレブンなどのコンビニエンスストアで買物する習慣になっているからです。

手洗い&うがいができるようになったけど… 【その2】」で5~10回うがいを念入りにすると書きましたが,現在は残念ながらまったくやらなくなってしまいました。お風呂に入った際にシャワーでうがいをしたりするのですが,帰宅時に手洗いの後にうがいというのは習慣化できていません。

ところで,手洗いの際に自動でハンドソープが出てくる「ミューズノータッチ」を使用したら楽しく手洗いできるようになったと「手洗いできるようになったけど… 【その1】」で書きましたが,現在,数量限定でポケモンデザインが販売されています。もっとも本体にはポケモンはデザインされておらず,ボトルにデザインされているので,すでに本体を持っている場合はボトルだけ買えばよいと思います(底部の色は異なるようです)。もし本体にもデザインされてたら本体セットで買っちゃってましたね。

写真:ミューズノータッチ ポケモン ブルーソーダレモン 本体セット
ミューズノータッチ ポケモン ブルーソーダレモン 本体セット

写真:ミューズノータッチ ポケモン ブルーソーダレモン 詰替ボトル
ミューズノータッチ ポケモン ブルーソーダレモン 詰替ボトル

因みに上の写真はAmazonから引用したものですが,実際にはもっと青っぽい色の液体です(下記写真参照)。開発段階の宣材写真なのか,変な補正が入ってしまったのか,よく分かりませんが。

6月にこの商品を発見して購入し,7月のはじめにこれまで使用していたものが切れたので交換しておいたら,「あっ!」と指差して喜んでいました。自分で交換してみたいようで,もう一度外してセットしていました。

写真:ミューズノータッチ ポケモン ブルーソーダレモン
ボトルを装着するとこのように見えます。

ボトルについては6月にAmazonで購入した時は616円でクーポン適用後496円でしたが,この記事を書くにあたって再度確認してみたところ現在は525円のクーポン適用後405円だったので,追加で10個注文しておきました。クーポンは価格のすぐ下に「クーポンをもらう」というボタンが表示されていると思います(プライム会員限定なのかどうかは分かりません)。

なお,クーポンは1個ずつ適用されるわけではないので注意が必要です。5個カートに入れると5個の合計金額から120円が割引かれます。つまり1個ずつ注文するとお得というわけです。

数量については「数量限定」とは記載されているものの,まだカートに20個単位で入れられることを考えるとかなりの数が生産されているのだと思います。夏らしいデザインなので夏中くらいは追加生産したりするんですかね。まぁ,腐るものでもないですし,頻繁に使うものなので私はまとめて買ってしまいました。それに普通のデザインよりポケモンのほうが喜びますから,いざ欲しいと思ったときに販売終了していたら残念ですしね。

因みに「ポケモン ブルーソーダレモン」の泡は少し青みががっています。香りについては特別主張してくるような強いものではないので,あまり嫌いでダメという人は出ないような無難なものだと思います。

写真:ミューズノータッチ ポケモン ブルーソーダレモン 泡

仕様によれば1回1ml消費されるようなので,ボトル1本で約250回使えるということになります。1日4回使用すれば2か月,8回使用すれば1か月といったところですね。

そんなわけで,手洗いは習慣化できましたが,うがいはまだなので何とかできるようにしていきたいです。手洗いのように面白いグッズでもあればいいんですけどねぇ。

アンパンマン うがいしようよ!」や「ハローキティ うがいしようよ! 」という蛇口に取付けるグッズがあるのですが,写真を見る限りではうちの蛇口(いわゆるシャワーヘッドタイプ)には無理そうです。