7歳の誕生日&クリスマスのプレゼントは何にしようかな?【その2】

Nintendo Switch

前回に引き続き,7歳の誕生日とクリスマスのプレゼントとして検討したものです。こちらの2種は誕生日前に渡してしまいました。特に色鉛筆については早く使わせてどんどん絵を描いてくれたほうが良いですしね。

Fitbit Ace 2 7歳の誕生日&クリスマスのプレゼントは何にしようかな?【その1】

お絵かきセット(色鉛筆・スケッチブック)

絵を描くのは小学校入学前から好きで,以前は昆虫を描くことが多かったのですが,最近は人や動物も描きますし,お祭りなどのシーン,虹・竜巻・ブラックホールなどの自然や宇宙,図形などさまざまなものを描いています。

例えば,虹については日本式の7色のスペクトルをきちんと描けていますし,ブラックホールもジェット噴射など細かい部分も描きますし,よくあるブラックホールとホワイトホールがワームホールで繋がっている模式図もきちんと描けています。好きなものについては細かい部分を観察できる力が付いてきたのだと思います。

最近はどちらかと言えば女の子のようなかわいらしい絵が好きなようで,ハートをちりばめたりすることも多いです。

これまで使っていた色鉛筆はだいぶ小さくなってきましたので,誕生日にきちんとした色鉛筆のセットをプレゼントしようと購入しておいたのですが,早く渡してどんどん描いてもらったほうがいいと思い,すぐに渡してしまいました。

色鉛筆

安いものから本格的なものまで種類はさまざまなものがありますが,今回はそれなりのものをと考えていたので,以下のものが候補に挙がりました。色鉛筆と言えば日本かドイツのメーカになるでしょうね。種類は主に水溶性(水彩)と油性がありますが,今回は特に気にしていません。

三菱鉛筆 ユニ・アーテレーズカラー 36色 UAC36C

鉛筆・色鉛筆では定番のユニシリーズですが,こちらの最大の特徴は消しゴムで消せることです。一般的な色鉛筆は消しゴムできれいに消すのがかなり難しいですが,ユニ・アーテレーズカラーは普通の鉛筆と同じような感覚で消すことができます。息子は細かい部分を描き直したりすることが多いので,最もニーズに合っているのではないかと考えました。

写真:三菱鉛筆 ユニ・アーテレーズカラー 36色 UAC36C
三菱鉛筆 ユニ・アーテレーズカラー 36色 UAC36C

結果的にはこの「ユニ・アーテレーズカラー 36色」を購入したのですが,とても気に入っているようです。色の名前がおしゃれなので最初はそこにとまどっていたようでした。例えば「BLUE」はあるのですが「RED」はありません。「赤はどれなの?」と質問されましたが,色の名前ではなく実際の色を見て判断すればよいのではないかと教えました。赤に近いのは「VERMILION」や「GERANIUM」あたりですかね。因みに,本記事投稿時点で最も短くなっているのは「FUCHSIA PINK」というピンク系の色でした。なお,36色の中に「金」や「銀」に相当する色は含まれないので,そちらは通常のユニの色鉛筆をバラで購入しました。

描き味はなめらかで6歳の息子の力でもスムーズに描けているようです。消しゴムで消せるので,仕事や勉強でのメモ書きやライン引きにも良さそうだと思いました。私はフリクションを使っているのですが,すぐに書けなくなるのを不便に感じていたので,こちらに乗り換えるつもりです。

今回購入したのは36色ですが,他に24色セット12色セットもあります。

三菱鉛筆 色鉛筆 880 36色 K88036CP

ユニのスタンダードな色鉛筆です。後述のトンボと併せて最も使われている色鉛筆ではないでしょうか。

三菱鉛筆 色鉛筆 ユニカラー 100色 UC100C

写真:三菱鉛筆 色鉛筆 ユニカラー 100色 UC100C
三菱鉛筆 色鉛筆 ユニカラー 100色 UC100C

こちらもユニから。100色となると大人でもテンションが上がってしまいそうです。このケースを見ただけでワクワクしてしまいますね。

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

こちらもユニと同様に定番のブランドですね。価格も安いので気軽に試せると思います。

ホルベイン 色鉛筆 36色セット

三菱鉛筆(ユニ)やトンボと違って一般には知名度が低いかもしれませんが,ホルベインは絵を描く人には定番の国内メーカです。私は色鉛筆は使ったことがないのですが,絵の具は若い頃に愛用していました。

ファーバーカステル

写真:ファーバーカステル アルブレヒト デューラー水彩色鉛筆 120色セット 木箱
ファーバーカステル アルブレヒト デューラー水彩色鉛筆 120色セット 木箱

ドイツの筆記具メーカと言えばまず「ステッドラー」が思い浮かびますが,色鉛筆に限っては「ファーバーカステル」が私の中では定番です。木箱のセットはかなりおしゃれなので,絵を描くのが好きな中高生へのプレゼントにも良さそうです。

※価格は本記事投稿時のものです。

スタビロ

写真:スタビロ 水彩色鉛筆 カーブオテロ 60色セット ウッドケース
スタビロ 水彩色鉛筆 カーブオテロ 60色セット ウッドケース

こちらもドイツのブランドです。やはり木箱のセットはいいですね。

※価格は本記事投稿時のものです。

ステッドラー

写真:ステッドラー 色鉛筆 クリエイティブボックス カラト アクェレル 水彩
ステッドラー 色鉛筆 クリエイティブボックス カラト アクェレル 水彩

ステッドラーからも消せる色鉛筆が出ていますね。各色鉛筆の後ろに消しゴムが付いているようです。

※価格は本記事投稿時のものです。

スケッチブック

写真:デリータースケッチブック B6

息子は小さい紙に描くのが好きなので,B6など小さめのスケッチブックと切り取れるパッド式のものをいくつか購入しました。切り取った小さい紙に絵とメッセージを書いて,封筒を作り,自分で切手を描いて手紙を作ったりしています。

デリーターは昔スクリーントーンでお世話になりましたね。黒猫の表紙がかわいいです。B6版を購入しましたが,まだそちらには手を付けていないようで,切り取れるパッドを先に使っているようです。

マルマンのクロッキーブックはディズニーバージョンがあり,ミッキー,プーさん,アリエルなどいろいろとデザインがあるようです。今回はミッキーの宇宙のイラストのバージョン(SQ-D3)を購入しました。

Nintendo Switch + リングフィット アドベンチャー

ついにNintendo Switch(新型)を購入しました。『リングフィット アドベンチャー』も一緒に注文しましたが,在庫切れのようでまだ手に入っていません。

本体はコントローラの色が赤+青のものと,グレーのものがあるのですが,スタンダードな前者にしました。また,例によって液晶保護フィルムも一緒に購入しました。

『リングフィット アドベンチャー』の詳細はこちらの紹介動画を見て頂けると分かりますが,Wii Fitの進化版のようなもので,フィットネスを目的としたソフトです。10月18日に発売されたばかりなのですが,本記事投稿時点ではどこの店にも在庫はないと思います。年内に手に入ればいいなぁとは思っているのですが。

写真:リングフィット アドベンチャー
リングフィット アドベンチャー

そういうわけなので,今は体験版をいろいろとダウンロードして試しています。ショッピングモールのゲームコーナーで息子がよくプレイしている『釣りスピリッツ』もありましたので,これはそのうち購入しようかと思っています。

他に『ドラゴンクエストビルダーズ』や『ドラゴンクエストビルダーズ2』もかなり気に入ったようでした。

もともと『マインクラフト』に代表されるサンドボックス系のゲームは好きなようで,よく動画を見ていたのですぐに馴染めたようです。

ただ,マインクラフトと異なりNPCと会話しながら進めていかなくてはならないので,一人でプレイするのは難しいです。2では会話部分にルビも振られているようですが,やはり全体的に難しい漢字も多いのでストーリを楽しむというよりは,操作を楽しむという感じになってしまいます。横で一緒に説明しながらであれば進めていくことはできていました。

本記事投稿時点で実際に購入したソフトは2点で『グレコからの挑戦状!計算の城とオバケたち たし算』と『グレコからの挑戦状!計算の城とオバケたち ひき算』になります。たまたまセール中で540円でしたので購入してみました。楽しくプレイしてはいましたが,同じような画面が続いて単調なので飽きるのも早そうです。

その他に自分用として12月4日までセール中の『ロマンシング サガ3』を買うかどうか迷っているのですが,プレイする時間は取れないでしょうねぇ。