【研究】神経発達障害に関連する細胞接着分子がカルシウムイオンを介して神経細胞同士を適切につなぐ仕組みの解明

トピックスシナプス, 東京大学, 発達障害, 研究, 自閉症

東京大学定量生命科学研究所などの研究グループよれば,細胞接着分子Nrxn1βとLRRTM2がカルシウムイオンを介して結合した複合体の立体構造を決定し,神経細胞同士を適切につなぐ仕組みを解明したとのことです。

  • 神経発達障害に関連する細胞接着分子LRRTMとニューレキシン(Nrxn)がカルシウムイオンを介して選択的に結合して神経細胞同士を適切につなぐ仕組みを解明しました。
  • Nrxn1βとLRRTM2が結合した状態の立体構造を決定し、Nrxn1βとLRRTM2とのカルシウムイオンを介した選択的な相互作用の詳細を明らかにしました。
  • 本成果は、神経回路形成のメカニズムの解明や自閉症などの神経発達障害に関わる今後の研究に役立つ知見になると期待されます。

ヒトにおいてNrxnやLRRTMは自閉症などの神経発達障害と関連することが報告されており,本研究成果は,自閉症などの神経発達障害の病態解明や治療・創薬標的の提示に役立つことが期待されるとのことです。