ディズニーランド初体験! 【その3】

遊び3歳, ことば, ディズニー(ピクサー), 東京ディズニーリゾート, 自閉症

この記事は「ディズニーランド初体験! 【その2】」の続きになります。
なお,実際にディズニーランドへ行ったのは2015年12月のことで,3歳になった直後となります。

その2でも書きましたが,ファストパスとゲストアシスタンスカードを併用しました。ファストパスについては夕方以降は待ち時間が3~4時間後となってしまい使えませんでしたので,早い時間帯に集中的に利用すると良いです。以下,各アトラクションについて簡単にコメントしていきます。

【朝食】
パン・ギャラクティック・ピザ・ポート

ゲストアシスタンスカードの発行で待たされたので,最初は息子の好きな方向に歩かせ,土産物屋などをうろちょろしました。
途中で見付けた宇宙人が作るピザの店をかなり気に入ったようで,真剣に見入っていました。写真のようにかなり大掛かりなセットがあり,動いたり,音が出たりします。
ここでは朝食も兼ねてピザを食べました。

写真:パン・ギャラクティック・ピザ・ポート

【1】
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(ファストパス)

10時20分頃。
このアトラクションの休止期間が終わるのを待って行きましたので,最初に乗りました。朝食中にファストパスの予約をしておきました。
初めての体験なのではじめはびっくりしているような印象でしたが,途中から周囲を見回したりするようになりました。

【2】
モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”(ゲストアシスタンスカード)

10時55分。
バズ・ライトイヤーのアストロブラスターと似たようなアトラクションで,暗い場所を進みます。

【昼食1】
プラザパビリオン・レストラン

11時30分。
モンスターズ・インクの後,息子はぐっすり寝てしまったので,大人だけで昼食。

写真:プラザパビリオン・レストラン

【3】
イッツ・ア・スモールワールド

13時10分。
ゲストアシスタンスカードで予約した「プーさんのハニーハント」まで時間があるので,プーさんからそう遠くないところにある「イッツ・ア・スモールワールド」に入りました。こちらは開園当初からあるアトラクションですかね。他に比べると人気度は低いので,まったく並ぶことなく入れました。内容も比較的穏やかなのでオススメです。

【4】
プーさんのハニーハント(ゲストアシスタンスカード)

13時40分。
ディズニーランド初体験! 【その1】」で書きましたが,歩くのが困難な旨伝えれば,乗り物までショートカットすることができます。ぐずってしまったのでショートカットすれば良かったと思いました。5人乗りですが相席ではなく,基本的にはグループごとに案内されていました。混雑していれば相席になるのかもしれませんが。

【5】
ホーンテッドマンション(ファストパス)

14時頃。
お化け屋敷のようなものと聞いて,私はやめたほうがいいんじゃないかと思ったのですが,入ることになりました。お化け屋敷としての怖さはないのですが,とにかく音と光がすごいです。大人でも驚くくらいに激しいです。これはオススメしません。またディズニーランドへ行く機会があれば,入らないと思います。
因みに3歳の頃の息子はハロウィンなどに登場するいわゆるカボチャのお化け(ジャック・オー・ランタン)を見て「こわーい」と言っていました。本当に怖いわけではなく,ふざけて言う感じで,ホーンテッドマンションに入る前にも同様の飾りがあり,「こわーい」と言っていました。

【昼食2】
ハングリーベア・レストラン

14時30分。
気分を変えて昼食。ハングリーベア・レストランでハンバーグカレーを食べました。当時の息子は今と違って,肉・魚・野菜などの食事をモリモリ食べるという感じではなかったのですが,驚くくらいに食べてくれました。写真を見るとスタイをしてますね。この頃からスタイを嫌がるようになったように記憶しています。今は使っていません。
お土産にカレー用の食器などを買いました。

写真:ハングリーベア・レストランで購入した食器

【6】
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(ファストパス)

15時20分頃。
2回目です。1回目よりも余裕を持って楽しめたような気がします。

【7】
スティッチ・エンカウンター(ゲストアシスタンスカード)

16時15分。
予約時間になってもぐっすり寝てしまっており,パスすることになりました。

【夕食1】
クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

17半時。
息子は引き続き寝ているので,大人だけで夕食。かなり並びました。
食事ばかりしている感じですが,実際のところ息子が寝ているとすることがないのです。

写真:クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

【8】
ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション(ゲストアシスタンスカード)

18時半頃。
もうこの時間になると外は真っ暗で寒さも増してきました。アトラクションへ向かう途中の露店でくるくる回って光るおもちゃを買いました。
アトラクションは正直なところ暗すぎてよく分からなかったという印象です。息子もあまり楽しんでいるようすではありませんでした。「暗くて寒い」というのが感想でしょうか。

【9】
スティッチ・エンカウンター(ゲストアシスタンスカード)

19時15分。
夕方に寝てしまっていてパスしたので,再度予約しました。
こちらは映画館のような場所で映像を楽しむというものです。映像に動きもあるので,なかなか楽しんでいるようすで,かなり笑顔も見られました。最後に楽しめて良かったと思います。
音が大きいのは仕方がないですが,移動も必要ないですし,内容も明るい感じなのでオススメです。

【夕食2】
トゥモローランド・テラス

息子は寝ていて夕食を食べていないので,露店でチュロスを買い,それを持ってトゥモローランド・テラスというハンバーガーショップへ入りました。ハンバーガーなどを購入して一通り食べてから帰宅することになりました。

帰宅するときになって土砂降りに見舞われました。いつ止むか分からないですので,びしょ濡れになりながら車へ移動して帰宅となりました。舞浜から出る前には雨が弱くなってきたので,そのまま30分も待っていれば濡れずにすんだかもしれません。

さすがに2015年の出来事なので記憶が曖昧な部分もありますが,以上のような1日でした。
全体的な感想としては以下のようなものでしょうか。

  • (おそらく息子は)満足のゆくほどではないがそれなりに楽しめた。
  • 羽田空港ではかなりぐずったりパニックになったものの,ディズニーランドでは少しぐずったくらいでパニックにはならなかった。
  • 朝早く入場してファストパスとゲストアシスタンスカードを併用すればかなりの数のアトラクションに乗ることができる。

あれから1年以上が経過して,今ならどれくらい楽しめるか,あるいはぐずったりするのか,気になるところですが,1日がかりのお出かけはなかなか難しい状況です。

でも数年のうちにはディズニーランドかディズニーシーに行ってみたいですね。ディズニーランドは開園当初行きましたが,ディズニーシーは私も行ったことがありません。夏場にディズニーシーでもよいかもしれないですね。

以上,3回に亘って書きましたが参考になれば幸いです。自閉症の場合,特に人ごみ・大きい音・強い光などを嫌う傾向があると思いますので,無理せず楽しめると良いと思います。嫌がっているようすでも少しすれば慣れるかもしれないですし,あるいはすぐに帰宅するという選択肢もあると思います。臨機応変に対応していくことが重要だと感じました。