【研究】神経細胞のつながりは積極的に壊される ~シナプスで放出されるBMP4の新しい役割を解明~

トピックスシナプス, 東京大学, 発達障害, 知的障害, 研究, 自閉症

東京大学医学系研究科の研究グループによれば,シナプスの破壊に直接的に関わる分子に着目し,初期神経発生の過程で重要な役割を持つ分子であるBMP4(骨形成因子4)が記憶や高次認知機能に重要な海馬や大脳皮質のシナプスを除去することを示したそうです。

脳の発達過程で適切なシナプスの除去(刈り込み)が起こらない場合、脳の病気(精神疾患や自閉スペクトラム症などの発達障害)が発達に伴い引き起こされる可能性があると考えられています。今回新しく発見されたシナプスを積極的に壊すメカニズムは、精神疾患、発達障害の患者に認められる脳神経回路の障害を理解することに役立ち、長期的には疾患の診断・治療にも結び付くことが期待されます。

シナプスに関する研究はこれまで何度も取り上げていますが,自閉症や知的障害を含む広義の発達障害の病態を解明し,治療法を確立するためには欠かせない分野のひとつですね。