【研究】細胞接着分子が神経細胞同士を適切につなぐ仕組み — 自閉症などの病態解明・創薬などに期待

トピックスシナプス, 東京大学, 知的障害, 研究, 自閉症

東京大学・富山大学・科学技術振興機構の共同発表によれば,神経発達障害に関連する細胞接着分子SALMとPTPδ(デルタ)が選択的に結合して神経細胞同士を適切につなぐ仕組みを明らかにしたとのことです。

神経細胞間の接続部であるシナプスの形成と再編は,脳の発達にともない神経回路が作られる際や記憶学習の際に起こる重要なステップで,その調節機構の破綻は自閉症や知的障害などの神経発達障害の発症と深く関わることが示唆されていました。今回の研究成果は,そうした自閉症などの神経発達障害に関連する今後の研究に役立つ知見となるとのことです。

ヒトにおいてPTPδやSALMの遺伝子の変異は自閉症などの神経発達障害と関連することが報告されており、今回の研究結果は、神経発達障害の病態解明と治療・創薬標的の提示に役立つことが期待されます。