ディズニーシー初体験!【その2】

遊び4歳半, ディズニー(ピクサー), 成長, 東京ディズニーリゾート

ディズニーシー初体験!【その1】」からの続きです。

ゲストアシスタンスカードの受け取り

ディズニーシーへ入園した際にはまだ息子は寝ていたため,ベビーカーに乗せて移動しました。

まず最初に前日に予約していたゲストアシスタンスカードを取りにインフォメーションへ行きました。エントランスのすぐ近くですね。こちらはすぐに受け取ることができました。やはり事前に予約しておくほうがよいと思います。

写真:ゲストアシスタンスカード

因みにディズニーランでは5回とゲストアシスタンスカードが大活躍でしたが(「ディズニーランド初体験! 【その1】」画像),今回は「ニモ&フレンズ・シーライダー」の1回のみの使用となりました。

「トイ・ストーリー・マニア!」のファストパス発券

そして次に一番人気とも言われている「トイ・ストーリー・マニア!」のファストパスを発券しに行きました。8時半開園で8時半に入場して,ゲストアシスタンスカードの受け取りに10分くらい,その後すぐに「トイ・ストーリー・マニア!」へ向かいましたが,発券機にたどり着くまでに30分以上並びました。チケットのバーコードを使用するので,全員が並ぶ必要はなく,私一人で列に並びました。そして発券されたファストパスには16時45分~17時45分の印字!

写真:トイ・ストーリー・マニア! ファストパス

ディズニーランドはクリスマスシーズンでも午前中はファストパス発券後せいぜい数十分で乗ることができましたが,開園直後に発券して夕方というのはすごいですね。ディズニーランドよりも人気アトラクションが少ないので集中してしまっているのかもしれません。「トイ・ストーリー・マニア!」のような人気アトラクションこそゲストアシスタンスカードを使うほうがよいと感じました。おそらくこの時点でゲストアシスタンスカードを使用した場合,30~40分後には乗ることができたと思います。

エレクトリックレールウェイ

8時半に入場して「トイ・ストーリー・マニア!」のファストパスを入手したのが9時20分。少し肌寒さもり,息子はまだ寝ていましたので,起こして「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」に乗ることにしました。移動手段としても使える電車で,待ち時間は0分でした。ベビーカーのまま乗車できます。

写真:ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
待ち時間は0分なのでホームには誰も並んでいません

息子は起きて自分がディズニーシーにいるのに少し驚いたようすでしたが,電車に乗ると大喜びでした。移動先は「ニモ&フレンズ・シーライダー」のあるポートディスカバリーです。

アクアトピア

ポートディスカバリーに到着してまずアクアトピアに乗りました。待ち時間は5分程度でした。3人乗りのウォーターヴィークルで水上を移動します。意外とぐるぐる回転するので車酔いの激しい私は頭に響く箇所がありましたが,息子は喜んで乗っていました。

写真:アクアトピア
アクアトピア

ニモ&フレンズ・シーライダー

次はオープンしたばかりの「ニモ&フレンズ・シーライダー」です。さすがにこちらは人気で,90分待ちでしたので,ゲストアシスタンスカードを使用しました。

乗り物というよりは小さい映画館の箱全体が揺れたりするようなイメージのアトラクションで,実際に乗り物に乗っているような臨場感がありました。

ただロビーのところから暗く,息子は怖がっているようでした。中へ入ってニモが映ったところは少し見ていたようでしたが,終始目を手で隠してしまっていました。

これは3歳でディズニーランドへ行った際には見られなかったしぐさで,「怖い」という感情が出てくるようになったようです。成長のひとつだと言えますね。

ホライズンベイ・レストラン

「ニモ&フレンズ・シーライダー」を出たのが11時半でちょうどお昼でしたので,その近くにある「ホライズンベイ・レストラン」へ入りました。こちらは予約制でミッキーなどのキャラクタが席まで来てくれるサービスもあります。

お子様セットとチョコレートケーキを買いました。お昼時でかなり列ができており,レジまでに30分かかりましたので,もう一度並んで私のぶんを買う時間はなさそうだと判断し,私は何も食べませんでした。

写真:お子様セットとチョコレートケーキ
お子様セットとチョコレートケーキ

「ホライズンベイ・レストラン」を出た後は少し散歩しました(息子はベビーカー)。朝に「エレクトリックレールウェイ」に乗ったアメリカンウォーターフロント方面へ向かいました。朝は肌寒かったですが,お昼を過ぎて暑くなり,行き交う人々の多くがアイスキャンディを手にしていました。息子も欲しくなったようで,同じものが売っている店を探して購入しました。

トランジットスチーマーライン

アメリカンウォーターフロントまで戻ってきましたので,「エレクトリックレールウェイ」と同様に移動手段としても使える「トランジットスチーマーライン」に乗りました。待ち時間は5分で,ベビーカーも乗れる船です。

「トランジットスチーマーライン」には以下の3つの運航ルートがあります。

  1. メディテレーニアンハーバー~ロストリバーデルタ
  2. ロストリバーデルタ~メディテレーニアンハーバー
  3. アメリカンウォーターフロント~アメリカンウォーターフロント(1周)

しかし,実際に乗ったのは「アメリカンウォーターフロント~ロストリバーデルタ」のルートでした。これはハーバーショー開催の前の臨時の運航ルートのようで,他に「ロストリバーデルタ~アメリカンウォーターフロント」というルートもあるようです。

つまり,またポートディスカバリー方面に戻ったということですね。

写真:トランジットスチーマーライン
水上機を見る

道中はダムのように水が流れている場所があったり,水上機が置かれている場所があったり,楽しんで乗ることができました。

ロストリバーデルタで降りてからは歩いてマーメイドラグーン,そしてアラビアンコーストまで向かいました。途中,アリを見付けるなどして遊んでいました。

写真:東京ディズニーリゾート仕様の爽健美茶
東京ディズニーリゾート仕様の爽健美茶

5月とはいえかなり暑くなってきて,私はお昼に何も飲んでいなかったのでかなり喉が渇いてしまい,露店でお茶を買いました。お茶のパッケージが東京ディズニーリゾート仕様でした。


長くなりましたので,続きは【その3】で書きたいと思います。