【研究】発達期のセロトニンが自閉症に重要 -脳内セロトニンを回復させることで症状が改善-

トピックス染色体, 理化学研究所, 研究, 自閉症

理化学研究所と日本医科大学の研究グループは,発達期のセロトニンが自閉症発症のメカニズムに関与する可能性を明らかにしました。

今回、共同研究グループはヒトの15番染色体重複と同じゲノム異常を持つモデルマウス(15番染色体重複モデルマウス)を解析したところ、脳内セロトニンの減少に関連して、セロトニンの供給元である中脳の縫線核の働きが低下していることや、セロトニン神経の投射先である大脳皮質(体性感覚皮質バレル野)での感覚刺激の応答異常を発見しました。また、発達期に重点をおいた薬理学的なアプローチでモデルマウスの脳内セロトニン量を回復させることにより、縫線核と大脳皮質の電気生理学的異常を改善させることに成功しました。さらに、15番染色体重複モデルマウスの成長後にセロトニン量を回復させることで、社会性行動異常も改善することが分かりました。

本成果は、発達期におけるセロトニンの重要性を示しているだけでなく、バイオマーカーとしての脳内セロトニンの役割や自閉症治療に関わる新たな知見をもたらすものと期待できます。

この研究成果は,セロトニン療法が自閉症に効果的である可能性を示すものであり,今後,自閉症の適切な治療法の開発にも貢献するものと期待できるとのことです。