YouTubeで動画の海へ!

遊び1歳, 3歳半, DVD, YouTube, アニメ, アプリ, ドミノ, ベビーカー, 動画, 成長

こちらの記事は2016年8月に下書きを書いてそのまま放置していたものですので,内容は2016年8月を基点としています。
待望のこども向けYouTubeアプリ「YouTube Kids」がリリースされるも…」の記事を投稿するに際して,こちらの記事も事前情報としてあったほうがよいかと思い,急遽こしらえました。


先月(2016年7月)くらいからDVDやテレビに飽きが見られるようになってきました。

新しいタイトル(例えば今ならズートピア ※ズートピアのDVD発売は2016年8月です)が発売されればその都度購入するのですが,そうした新しいものは別として,家にある数百枚のDVDはどれも飽きてしまって,見る頻度が極端に少なくなってしまったのです。

テレビ番組も同様で,予約録画してある番組も基本的には同じタイトルなので,以前のようには見なくなりました。

1歳頃から買物をする際にベビーカーの上で見せたり,レストランやフードコートで食事する際にもラップトップやタブレットPCが欠かせませんでした。それがないと落ち着いて座っていられず,外で買物をしたり食事したりするのは非常に難しいのです。

ところが前述のようにDVDやテレビのタイトルに飽きてきたため,ラップトップやタブレットPCでそれらを再生しても嫌がるようになってきてしまいました。

そこで苦肉の策として,先月(2016年7月)からタブレットPCのYouTubeを見せるようになりました。
器用に自分で操作してどんどん動画を開いています。水を得た魚のようとはまさにこのことで,これまで見たこともない動画に夢中です。

最初に広告が流れることがありますが,暫く待つとスキップボタンが出ることも教えたら理解してくれました。これまで何かを教えてそれをある程度自在に活用できるということがなかったので,大変嬉しい成長です。

しかしながら,やはり不特定多数の人がアップロードしているサイトですから,あまり好ましくない動画もたくさんあります。例えば,3DCGではあるのですが車が衝突する動画,車のおもちゃや人形などを砕石機のような機械でどんどん壊していく動画など,好きな車やトミカで動画を見ているとオススメにそんなものがどんどん表示されてしまいます。

また,これまで実写にはほとんど興味を示していなかったのですが,ドミノやボウリング,あるいはビリヤードなどの実写の動画も視聴するようになったのも変化(成長)のひとつでしょうか。ただビリヤードはセクシーなお姉さんが出てくる場合もあるのが難点です(典型的なカジノのバニーガールのようなイメージ)。

ホーム画面で「興味がない」というフィルタをかけることはできるのですが,動画単体(動画再生画面)でNGにしたり,チャンネルや投稿者のID,あるいはキーワードでNGにすることができないようなので非常に不便です。

「制限付きモード」にしていてもそうした動画は表示されてしまいます。ですので不適切な動画を見付けたらその都度「興味がない」としていくしかなさそうなのですが,「興味がない」とした動画や関連動画もしばらくすると何食わぬ顔で表示され始めます。何とも中途半端な仕様です。

ですので,やはり動画を個別にブロックしたり,チャンネルやユーザIDでまるごとブロックできるような機能は欲しいところです。でも以前からそういう要望は出ていまるようですが,今のところ実装する予定はないようですね。

一時期はYouTubeではなくこちらで用意した動画を一般的な動画再生アプリで見せたり,Huluに登録したりしましたが,やはりYouTubeを見たがりました。Huluは有名アニメが大部分ですしフィルタリング機能もあったので,そういう点では安心なんですけどね。ただテレビの録画やDVDですでに視聴済みのコンテンツも多いですし,YouTubeのような刺激はないので満足できないようでした。無料期間もあるので試しやすいですが,実際に使ってみるとやはりインタフェイスもYouTubeのほうが洗練されています。