【研究】自閉症児は黄色が苦手、そのかわり緑色を好む -発達障害による特異な色彩感覚-

トピックス京都大学, 発達障害, 研究, 自閉症

京都大学の研究チームによれば,自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴の一つと考えられる知覚過敏の中でも色彩に着目し,自閉症児の色彩感覚にどのような特徴がみられるかを調査したところ,黄色が苦手で緑色を好む傾向にあることが分かったそうです。

それらの値を二つのグループで比較してみたところ、いずれにおいても赤と青が一番好まれるのは共通しているものの、コントロール群では好感度の高い黄色がASD児では好まれず、反対に緑と茶の好感度が上昇することが確認できました。これは黄色があらゆる色の中で、もっとも輝度(明るさの程度)が大きく、生理的に刺激の強い色彩であることと関係していると考えられます。

ディスプレイでは特に黄色の刺激は強いですね。

自閉症児の知覚過敏については,過去の記事「【動画】自閉症児の見る世界」で紹介した動画が参考になると思います。