いただきます! 【その1】

生活3歳, ことば, 成長, 真似, 自閉症, 食事

ごはんを食べる際に「いただきます」と言って手を合わせますが,つい先月までは真似をするどころかこちらを見ることもありませんでした。ところが先週くらいから突然真似をするようになったのです。

ニコニコしながらこちらを見て手を合わせます。途中で果物など追加のものを持ってきたときにも手を合わせます。これを見て思わず涙があふれてしまいました。

残念ながら「いただきます」やそれに類する言葉は発していないのですが,手を合わせるという動作を真似をするようになったことだけでも大変な進歩です。

とにかくこれまでは何を言っても真似をしてくれず,自閉症の顕著な症状でしょうか,目を合わせることもほとんどありませんでしたが,今月に入ってよく親の顔を見るようになりました。本当に「突然」という言葉がぴったりで,少なくとも何か大きなきっかけがあったようには感じません。ただ本人の中では何か契機となるものがあったのかもしれませんが。

なお,合掌については特に宗教的な意味を持たせているわけではなく,療育やデイサービス等の集団行動の場で手を合わせながら「いただきます」と言う傾向があるため自宅でもそうしています。自分だけで食べるときは手を合わせないことが多いです。